ストーマを付ける原因になったのは、直腸癌になってしまったからだが、看護知識がそれほどない者でも取り換えなどが出来る事から、施設入居の受け入れもさほど苦労はしないのだろうと高を括っていました。

しかし、二つ返事でOKを出してもらえるだろうと思い、自分の面会の行きやすさや費用的な面を優先して施設に対し、見学可能かどうかなどを問い合わせしてみたところ、状態を聞かれストーマだと告げるとうちでは受け入れ出来ないといった回答の施設があった。

看護師がいなければ仕方ないと思うが、いても無理だとした施設があり、何施設目かに断られた時に「そんなに対応は難しいの?」と問いかけたところ、その施設の回答は「ストーマの方や胃ろうの方が多く入居している為、キャパオーバーなのです」との答えでした。つまり、病状としては問題ないのだそうだが、同じような手のかかる入居者が多すぎると手が回らないのだ。

時期が違えば受け入れは問題なかったのかもしれないが、運が悪いというかなんというか。排泄や食事は一日に何回もついてまわるものだから、手がかかる作業の回数が多ければ確かに大変だろうと想像は出来る。もう少し地域を広げて探す他ないのだが、面会に行く頻度が減るのは間違いないだろう。