ストーマとは、いろいろな病気が原因で、腹壁に作られた便や尿の排泄口のことを人工肛門、人工膀胱といいます。
人工肛門や人工膀胱のことを総称してストーマといいます。
ストーマを持っている人のことをオストメイトといいます。

最近はストーマ保有者の高齢化も進み、多くの問題点を抱えています。
近年では、ストーマ保有者の高齢化でひとり暮らしの高齢者、老老介護などストーマのセルフケアを余儀なくされています。
ただ、ストーマを利用している高齢者では、ストーマを利用している高齢者の入居が可能な老人ホームを紹介してもらうことができます。

法律では資格を持っていない介護スタッフがストーマの交換や管理について自らの判断で医療行為を施すことは禁止されています。
老人ホームでは、利用者の大半は高齢であり、医師免許を持っていない介護スタッフが独断でストーマの管理をすることは非常に困難となっています。

ストーマを利用される人は、介護スタッフのみでの判断がつきにくいため、入居できない場合もあります。