ストーマとは、人工肛門や人工膀胱のことです。
詳しくいうと、「消化器疾患や泌尿器疾患による病巣を除去した後、便や尿の排泄口を確保するため、消化器や尿路を人為的に体の外に誘導して作った開放孔」となります。
手術をして、便や尿の排泄口を腹部に新たに作ることになります。
といっても、自分の腸や尿管を直接腹部に出すので、管理に特殊な機械などは必要ありません。
そして、ストーマは粘膜なので色は赤です。
口の中も赤く見えますが、それは同様に粘膜だからです。
パッと見た感じ、「触ったら痛いのではないか」と思ってしまいそうですが、ストーマには痛みを知覚する神経は通っていないので、触っても痛みは感じません。
また、粘膜には常に粘液などが分泌されているので、乾くこともありません。
そして、「ストーマがあると、そこから腹部にお湯が入っていくのではないか」と心配する人もいますが、ストーマは内から外に対して常に圧力がかかっているので、その心配も無用です。