そもそもストーマ造設者が即座に介護認定されることが決まっているわけではなく、その他、要介護になるような条件、状態になっている必要性があります。
基本的に介護が必要な状態でストーマをつけてしまっている場合においては、ストーマでも対応している介護施設を選択する必要性があるわけです。
その上でさらに難しくなってくるのが、認知症などを併発している場合に、自分で対処することが少なくともできなくなってしまうというようなパターンがあるので、そういう場合は医療体制のしっかりとした介護施設を選ばなければならないという制限が付くことになります。
逆を言えば、認知症のような状況ではなく、あくまで自分である程度の処理ができるのであれば、そこまでがっちりとした医療体制である必要性はないわけです。
ストーマケアに関しては完全に医療行為にあたることになりますから、医療従事者以外が行うことができないのです。
つまりは、介護士では不可能となりますから施設選びではそこがポイントになります。