老人ホームで、ストーマ(人工肛門)の利用者が入居するとすれば、必ず気になるのが医療的なケアです。
ですので、堅実で安全な老人ホームを考えた場合には、医療ケアができる老人ホームということで考えることにしました。

まずは、食事がしっかりと老人の適性に合ったものでないと、消化が難しかったり大便に影響が出てきてしまうこともあり、食事でも柔らかさなどでかなり細かく調整が必要なこともあります。

固形の食物が、直接的に大便に出てくるなどの怖さもあります。
年齢を重ねるごとに、身体機能の低下が排便やストーマにまで影響してくることはおおいに考えられますので、堅実に安全なケアサービスを求めるならば、医療系の老人ホームが良いと思います。
装具の交換や、皮膚が衛生上において問題のなくケアできているかなどまで、日常的に専門家が見てくれていますので安心です。

費用は少しかかりますが、これくらいの措置がないと本人の安心できる快適な生活になりにくいとも、私は思っています。