特別養護老人ホームは、地方公共団体や社会福祉法人が運営していますが、そこでもオスメイト(ストーマ保持者)を受け入れている所があるようです。

看護師を配置しているところに限られるでしょうが、入所申し込みの前に事前に直接問い合わせてみることをお勧めします。
特別養護老人ホームは、入所者本人の所得に応じて月々の費用が算出され、生活保護受給者や低所得者には無くてはならないところとなっています。

ほとんどが大部屋でプライベートは保たれませんが、個室もありますので希望を出すことは可能です。
ただし、その分は病院と同じく自己負担となりますので、月々の費用は高くなります。

一般の老人ホームでは入所時に「入所一時金」なども発生し、入所前からある程度まとまったお金がなければ入ることは出来ません。しかし、特別養護老人ホームは、その心配は要りません。
かかる費用は、入所料と管理費、介護を利用した分ですが、全額自己負担となるのは食事代や紙おむつ代その他になります。

ストーマをしている高齢者なら、その装着用具代も自己負担となります
月額費用は各々で計算されますので、はっきりとした数字は出せません。なお、入所希望者が多いため、介護重要度の方から審査され入所が決まります。