医療療養型の施設は、療養型病床群に位置づけられている老人病院のようなところです。
運営は医療法人が行っており、併設された病院は一般の外来も設けていますので、常に医師と看護師が常駐しています。

老人ホームとはニュアンス的に異なり、医療療養型と介護療養型というものがあって、病院内には一般病床、医療療養病床、介護療養病床というふうに機能が分かれています。
介護療養の場合は、介護保険認定を受けている高齢者のみが入居できることになっています。

他の老人ホームに入所中、ストーマ手術をされる場合、一時的に医療療養病床に入ることもあり、治療が終わった後は老人保健施設という流れを辿る方もいます。その場合、医療療養病床が満床であったり、自宅で介護されている方は一時的に自宅復帰のための経過を診る老人保健施設に入所する形となります。

高齢者で介護を必要とされている方の中には、オスメイト(ストーマ保持者)のように、医療と看護を必要とされている方は非常に多いようです。ですので、常に満床の状態で空きが少ないということが現状だということです。
ここでは一般病床に移って手術をするような形になると思いますが、既にオスメイトである方の入所は、粘り強く待たなければならないのかもしれません。