オスメイト(ストーマ保持者)の方の介護は、主に目が見えない、手が不自由、寝たきりであるという方に必要で、パウチに一時収納された排泄物を処理するという作業が出てきます。
パウチをはずし、交換するだけなら良いのですが、ストーマにも不具合が出ることもあり、その場合、介護スタッフでは対応出来ません。不具合に関しては最終的にはかかりつけの医師に相談をし、日常のトラブルは本人、もしくは家族がそれを行います。

パウチを交換する際には、皮膚の清拭やケアが必要になります。交換時に管理という形で行い、皮膚のかぶれや便の漏れなどにも対処しなければなりません。
これらをご自分で出来るのであれば、老人ホーム入所も難しくありませんが、前出のように、誰かが代わってそれを行うとなると、受け入れ先が非常に少なくなってくるのです。
看護師が配置されている老人ホームだと入所が可能なところもありますが、医療行為が伴ってくるため、療養型など老人病院が良かったりします。

ストーマに関しては、最近は高齢になってからその手術を受ける方が多くなっていますので、本人、家族とともに、どのようにケアしていったらよいのか、手術された病院で指導を受けながら相談をするようにします。