老人ホームの種類はとても多く、設備や対応してくれる範囲も様々です。有料老人ホームに特別養護老人ホームなど民間のものから公的なもの、グループケアや個人ケア、費用やケアの厚さなど、その施設によって全然違います。特に、ストーマなど専門知識が必要になる場合数は限られてしまいます。

ストーマ自体にも色々な種類があり、器具などが違うのです。つまり、ストーマでも入れる老人ホームは限られてしまいます。
例えば、便が排泄される消化管を扱ったものや、尿が排泄される尿路を扱ったもの、その両方を扱ったものなどがあり、それぞれ器具も違うのです。医療問題になるので、基本的に看護師、医師によって管理されるものなのですが、日々の処理については自分で対応していかないといけません。特に汚物の処理なので、他人に行ってもらうのに抵抗がある方も多くいらっしゃいます。自己処理を行える方については、ストーマ器具をつける以外は普通に生活ができます。

ですが、高齢の方で自分で処理できなくなってしまう方もいらっしゃいます。
そうなると老人ホームなどを考えたとき時に、入居を受け入れてくれる施設が限られてしまいます。ですが、医療や介護など手厚いストーマでも入れる老人ホームもたくさんあります。看護師などが常駐していなくても、医療施設を併設していたり、委託している施設もありますので、入居する方がそして、ご家族がみんな安心できる施設をしっかり考えて選びましょう。